カードローンの比較について

Posted by carnaval - 12月 9th, 2014

カードローンというと、文字通りカードを使ってお金を借りられるサービスのことを指します。ただし利用するには審査に通過する必要がありますし、限度額を意識した利用が心がけられます。
借り過ぎに注意とは良く聞く話ですが、実際に利用してみるとその利便性からほんとうに借りすぎてしまうといったこともありえます。利用する際には、借りれる額以上に、返済できる額を意識しましょう。

カードローンのサービスを提供している金融機関は多数ありますが、比較ポイントは単純です。金利、限度額、あとは審査についてです。審査は就いている仕事、勤続年数が重要です。
クリアしている自信があるなら、金利や限度額のみを重視して比較しましょう。金利はもちろん低い方が良いです。カードローンによっては期間限定での無利息キャッシングのサービスもあります。

消費者の為のカードローン

Posted by carnaval - 12月 5th, 2014

昔と違って現代のカードローンは、会社の為というよりは消費者の為の商品が増えています。
その最たる例は、申し込みのしやすさと目的に合った多様性です。

法改正により、多くの会社が300万円までは収入証明書が不要で申込み出来る様にしています。
審査も比較的通りやすく使う側にとっては願ったりかなったりです。

景気不況により利息金利が下がる一方で、融資金利も下がっているため、カードローンの金利も非常に安くなってきていることも有難い話です。

また、カードローンとは言えども借入限度額が500万円の商品も頻繁に見かけるため、昔はフリーローンの枠と言われていた額が現代ではカードローンで事足りるということになっています。

アコム利用時の限度額について
では、アコムで50万円が限度額と示された場合で、50万円借りたとします。
もうアコムでは借りる事ができないので、他の業者でとなった場合、借りる事は出来るのでしょうか。
ここで可能かどうかというのは、総量規制という法律が重要になります。
先程も述べましたが、年収300万円なら、総量規制によって100万円まで借り入れが可能となります。
出典 ac-loan.net

返済窓口もコンビニATMが利用できることが多く、靴のコストがかからないことも目に見えない原価削減に大いに役立っています。

本当にまったくお金が無くなってカードローンを利用しました。

Posted by carnaval - 12月 3rd, 2014

先々月、先月とクレジットカードで買い物をしすぎてしまい、返済と溜まっていた税金の納付でまったくお金がなくなってしまいました。
ある程度の貧乏生活は覚悟していましたが、まさかまったく何も買えなくなるほどお金がなくなるとは思いませんでした。

このままでは本当に何も出来ません。
給料日までの一ヶ月間をなんとか過ごさなくてはいけないという事で、銀行でカードローンを申し込みました。

私の場合は就職していますし、他に借金もなく、今お金がないだけで給料が入ればすぐに返せますので審査自体は本当にあっという間に終わりました。
四~五十分で終わったと思います。
借入額がそんなに大金じゃなかった為か、会社に在籍確認の電話連絡もなかったようです。
用意した書類もなく、運転免許証だけでした。

こんなに簡単ならもっと前から利用していれば良かったと思いました。
お金が無くてかなり極貧生活だった時に何故利用しなかったのか少し後悔しました。

知られずにカードローンを利用

Posted by carnaval - 11月 27th, 2014

バレずにカードローンを利用したいという方は多いですし、カードローンを利用する時に周りにバレる要素と言えば、店舗に直接足を運ぶ時、審査時の在籍確認連絡、自宅への業者からの郵送物等が挙がります。

こういった要素を無くしてカードローン利用する方法があり、在籍確認も無く、申込みから審査や振込返済まで店舗に行く事も無く利用出来るシステムが整っている業者もあります。

インターネットを経由して全て行うようにして、在籍確認連絡もしない業者を選択すれば周りに知られる事もなくコッソリとカードローンを活用出来ます。

郵送物もメール連絡だけでやりとりが出来ますし、周りにカードローン利用を知られたくない方は、そういった仕組みを利用すれば安心して借金を行う事が出来ます。

スマホアプリ等を使って申込みを行うと簡単で便利に使えます。

あまりの金欠に使用したカードローン

Posted by carnaval - 11月 18th, 2014

次の給料日まで絶対に食い繋げないくらいの残高になってしまいました。趣味のイベントに参加するため、交通費や宿泊費などにお金を使い過ぎてしまったことが、金欠の一番の原因です。

取りあえず通帳に数千円はあったと思うので、それを引き出すために銀行ATMに行った際に、カードローンのパンフレットが目に入りました。それを読むとお金を借りるサービスだと分かったのです。

これがあれば給料日まで食い繋げる気がしたので、そのまま窓口に伺いまして、カードローンを申し込みました。嬉しいことに審査は通過し、食い繋ぐための手段を確保しました。

限度額は使い過ぎることを考慮して10万円と低く設定しました。取りあえず1万円を銀行ATMで引き出したところ、まるで自分のお金を降ろすように1万円を手にすることができました。もう金欠はコリゴリですが、カードローンの便利さは十分に理解できました。